女性ホルモンの働きと、その作用。アラフィフ女性が気を付けたいポイント - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


女性ホルモンの働きと、その作用。アラフィフ女性が気を付けたいポイント

女性はみな、女性ホルモンの影響を受けて暮らしています。

女性ホルモンの分泌にはリズムがあり、わたしたちは、このリズムに沿って生活しているのです。女性って大変ですよね(汗)

このわたしたちの人生と、切っても切り離せない関係にある女性ホルモンですが、どのような働きをしているかご存じですか?女性ホルモンには、2つの種類があります。

エストロゲンプロゲステロンです。

この2つのホルモンは、それぞれ違う役割をもっています。エストロゲンとプロゲステロン、それぞれの役割を確認してみませんか?


↓ポチッと、元気のツボ押しでパワーアップ!応援をお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村



【2つの女性ホルモンのはたらき】

エストロゲン(卵胞ホルモン)
エストロゲンは、からだを妊娠しやすい状態にする役割があります。
女性らしさを作り出すホルモンともいえます。
コラーゲンの生成を促して肌にハリやツヤを与えたり、髪の新陳代謝を活発にするのもエストロゲンです。
美のホルモン」とも呼ばれています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)
プロゲステロンは妊娠に関わるホルモンです。皮脂分泌を盛んにします。
子宮内膜をふわふわにして受精卵を着床しやすくしたり、妊娠を継続させたりします。
母のホルモン」とも呼ばれています。

女性ホルモンは、この2種類のホルモンがバランスよく分泌されたうえで機能します。このバランスが崩れると、からだに何かしらの影響を及ぼします。

生理のサイクルがあるのも、この女性ホルモンの働きによるものです。生理前になると体調が崩れたり、肌の調子が悪くなったりしますよね。それもホルモンバランスの動きに原因があります。

女性ホルモンの分泌量は非常に少ないものです。一生のあいだに分泌される量は、ティースプーンたった一杯分程度だというから驚きます。

しかも、この分泌量はきちんと生成されている場合です。不摂生から生活のサイクルが乱れたりすると分泌量は減ってしまうのです。

女性ホルモンの分泌量のピークは20代後半です。その後40代後半で急激に減少し閉経を迎えると、分泌量はごく微量になってしまいます。


年齢とともに女性ホルモンは減っていきますが、これは卵巣の老化が原因です。

女性ホルモンは子宮や卵巣のほか、神経から骨までありとあらゆる働きに関わっているので、急激に減少すると体は変化に対応しきれず変調をきたします。

自律神経が乱れがちになり、冷えやほてり、めまい・イライラなどに悩まされたりします。

これが更年期障害の正体です。

女性ホルモンが減少するアラフィフ世代の女性は、自律神経の乱れを予防するためにも、しっかりと睡眠をとり、規則正しい生活を送ることが大切だと言われています。

しかし、この年代の女性は忙しい生活を送っている人が多く、ストレスを溜めがちなうえ、睡眠不足になりがちなんだそうです(汗)

・・・あなたは大丈夫ですか?

将来、更年期の症状で悩まないためにも、できるだけしっかりと睡眠をとって規則正しい生活を送るようにしてくださいね。

あ、もちろん冷え性改善も忘れずに☆


今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓お帰りの前によろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.