夏バテ肌に要注意。ベタベタ汗からお肌を守る方法とは? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


夏バテ肌に要注意。ベタベタ汗からお肌を守る方法とは?

汗にはベタベタ汗と、サラサラ汗があります。あなたのお肌は、汗でベタベタになっていませんか?もしかしたらベタベタ汗をかいているのかもしれません。


y14080701.jpg


ベタベタ汗は、熱中症やお肌のトラブル、冷え性の原因になるので要注意です。ベタベタ汗をかいていたら、どうしたらよいのでしょうか?



↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

人は、汗腺から汗をかきます。汗腺がしっかり働いて、からだ全体から汗が出ていたら大丈夫です。汗といっしょに血液中のミネラルが排出されますが、ミネラルは汗腺から体内へと再吸収されます。汗には塩分だけが残りますからサラサラ汗になるのです。

しかし、冷房に当たりすぎたり、運動不足だったり、加齢によって汗腺が鈍ってしまうと注意が必要です。汗とともに排出されたミネラルは、汗腺が鈍っていると体内に戻ることができなくなってしまいます。

ミネラルが肌の表面に残ると、汗と混ざってベタベタ汗になります。ベタベタ汗は臭いの原因です。ツンとするような不快な臭いがしたらベタベタ汗かもしれません。


y14080703.jpg


体内ではミネラルが再吸収されなかったために、ミネラルの不足が起こります。するとからだの機能がうまく働かなくなるので熱中症やむくみ、肌荒れ、冷え性などのリスクが増えてしまうのです。

さらに、肌に残ったベタベタ汗は、お肌にダメージを与えてしまいます。お肌のターンオーバーを阻害して化粧水や美容液が、お肌に浸透しづらくなるのです。これはアンチエイジングを目指すお肌にとっては一大事ですよね。

化粧水や美容液が浸透しづらくなったお肌は夏バテ肌となり、くすみやシミの原因にもなります。夏バテを起こしたお肌は早めのケアが大切です。

夏バテ肌のためには、入浴をシャワーで済ませないようにしたいもの。半身浴でゆっくりあたたまり、毛穴の汚れもきれいに流すことが大切です。半身浴で汗を流せば、全身の汗腺を鍛えることにもなるのでベタベタ汗の予防にもなります。


y14080702.jpg


ベタベタ汗を予防するには、半身浴のほかにウォーキングなどの運動もおすすめです。クーラーでからだを冷やしすぎないことも大切です。休みの日はエアコンの使用をいつもより控えめにしたいものです。

入浴を済ませたら、乾燥しがちなお肌に化粧水をたっぷり使って潤いを与えます。お肌のためにはリンパのマッサージも効果的ですよ!血行やリンパの流れが改善されれば、水分や栄養素がお肌の奥まで浸透しやすくなりますよ⇒ほうれい線やたるみの予防に効果大。簡単リップトレーニングで美顔づくり

大切なお肌ですから、大事にケアしたいものですね。お肌のためには睡眠も大切です。

明日の美肌のために、早めにベッドに入っておやすみくださいね。




今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.