血液の質を改善、血液サラサラなボディになるために必要なこと - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


血液の質を改善、血液サラサラなボディになるために必要なこと

冷え知らずの健康的なボディを作るには、からだの隅々まで血を送り届けることと、質の良い血液を作ることが必要です。
せっかく血流がアップしても、流れてる血がドロドロしていたら健康的とはいえないですよね。

どのように血液の質をアップしたら良いのでしょうか。

それにはやはり、食べものに気を付けることが第一になります。
わたしたちの血液は、食べた物を材料にして作られるからです。

y14070502.jpg
※写真は我が家のゴーヤチャンプルーです♪

では、どのようなことに気を付けて食べればよいのでしょうか。


↓ポチッと、元気のツボ押しでパワーアップ!応援をお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

●地産地消で旬のものを

自分の住む土地で育つものは、その土地に住む人にとって適した栄養素を提供してくれます。
季節によって、人が必要とする栄養素も変わってきますが、それに応じた栄養素を作ってくれるわけです。

たとえば、沖縄のゴーヤは抗酸化作用の強い野菜ですが、それは沖縄の強い紫外線から自分を守るために強くなったのです。沖縄に住む人々にとってゴーヤは欠かせない野菜のひとつであることがわかります。

また、野菜などの食材が食卓にあがるまでの時間が短いことも地産地消のメリットです。野菜は鮮度が命。やはり採れたてが美味しいですし、栄養素もたくさん詰まっています。血をきれいにする効果も高いことでしょう。

その土地のものなら、流通経路に乗る時間も短くて済みますから、鮮度と栄養素が失われないうちに食べることができるんです。

スーパーで、その日の朝に収穫した“朝採り”野菜を販売していることがありますよね。フレッシュな栄養素が摂れますから見かけたらゲットすることをおすすめします。




●和食を食べる

食卓が欧米化している家庭も多いようですが、食の欧米化によって増えている成人病も多いようですね。

和食はごはんとお味噌汁、煮物など、水分の多いものが多いですよね。日本人は欧米人に比べると唾液が少ないそうですよ。欧米のパンはパサパサしたイメージがありますが、そもそも日本人に唾液が少ないから食べづらいのかもしれません。

また、和食には味噌や醤油、納豆などの発酵食品が多いことも特徴です。こうした発酵食品も血液サラサラ効果がありますので積極的に摂りたいものです。地産地消の意味においても、日本人には和食が適しているのでしょうね。


●腹八分目

現代人は食べ過ぎ傾向にあるそうですね。移動するときでも車や電車を利用することが多く、歩くことが少ないので満腹になるほど食べなくてもよいそうです。

腹八分目か、それ以下でも良いといいます。吸収は排泄を阻害するので、食べてばかりいると排泄が滞るそうです。

食べすぎには注意したいものです(体重も気になるし)。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆

血をきれいにする食事は「地産地消で旬のものを・和食で・腹八分目」にすると良いことがわかりました。

でも、いきなり「今日から地産地消で和食!量は腹八分目!」なんて決めたら、家族から大ブーイングが出るのは間違いなさそうです(^^;

からだに良い食事を理解しているのと、いないのでは違います。

できるだけ土地のものを食べるようにしたり、おかずに発酵食品を取り入れるなど工夫することができますよね。きれいな血液を作るために、少しずつでも良いものを食べるようにしましょう♪




最後までお読みくださり、ありがとうございました


にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.