からだを冷やすナスも、この調理方法と薬味で心配なく食べられます - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


からだを冷やすナスも、この調理方法と薬味で心配なく食べられます

ご近所の方に、ナスをいただきました。
家庭菜園で作った、採れたてのナスです。

とても大きなナスなんですよ~!


y14062901.jpg

キッチンペーパーと並べて撮ってみました。

大きくても、味はふつうのナスと変わらないんですよ。
とても美味しく食べられます。

ナスは陰性の食材です。
体を冷やす効果があることで知られています。

体に冷えがあるわたしは、ナスを食べないほうがいいのでしょうか?




↓あなたのクリックで、パワーアップ! ポチっと応援をお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

せっかくご近所の方が丹精こめて育てたナスです。
これはもう、ご馳走だといえますよ~!

食べないなんて・・・ありえません(笑)
ありがたく頂きます。

今日は焼きナスにしようかな。
ガス台に焼き網を乗せて、ナスを置いて点火! ボッ!

ナスは陰性の野菜ではありますが、陽性の火で炙るだけでも陰性度が中和されます。
少し工夫するだけでも陰性の状態を緩和できるんですね。

油を使って調理しても、中和されるそうですよ。


y14062902.jpg

ナスは中火で焼いていきます。

大きなナスなので、そのまま網の上に置くとはみ出してしまいます。
半分にカットして焼きました。

ジワジワ焼いて、中まで火が通ると皮からナスの水分が出てきます。皮が焦げてナスが柔らかくなったらOK。



y14062903.jpg


しっかり焼けたら、ナスを水につけて皮を剥きます。皮がスーッと取れて面白いです。

皮を剥いたらひと口サイズに切り分け、かつおぶしをたっぷりかけます。
さらに、刻んだ長ネギと、干した生姜も刻んでトッピング。

・・・お気づきでしょうか。

薬味として、かつおぶし・長ネギ、しょうがをトッピングしましたが、これらはすべて陽性の食材です。
からだを温める作用があります。

陰性のナスではありますが、火で炙ることで中性に傾き、さらに陽性の食材をたっぷりとトッピングすることで、陰性を弱め中性に傾けることができるのではないでしょうか。

食べるときはしょうゆをかけますが、しょうゆも陽性だから体を温めてくれます。

これでもかというくらい中和させてますよね(笑)

体を冷やす野菜とはいえ、おかずの一品として食べるぶんには、あまり神経質にならなくても良いのではないでしょうか。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆

余談ですが、ナスのヘタの黒焼きって、歯磨き粉として使えるそうですね。
歯周病や歯槽膿漏に効果があると聞きます。

歯茎は粘膜で、とても柔らかいところですから、ナスの黒焼きのような自然のものが馴染みやすく、効果も高いそうですよ。

口の中がスッキリ、さっぱりするそうです。
今度、作ってみようかしら!?




今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました


にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

雪花さん

こんにちは!
コメントありがとうございます。

雪花さんも焼きナスを作ったんですね。
おいしいですよね~!

かつおぶしが切れていたのは残念でした(≧△≦)

ウチでは薬味をしょうがとネギとかつおぶしのトリオにすることが多いです。
多い方が温め効果がありそうで(笑)

> ヨモギ星人さんの焼きナスは丁寧に焼かれてうれしそうですね。

それが、、、実は一部を食べられないほど焦がしてしまってます(^^;

2014-07-01 17:29 from よもぎ星人

No title

いいですね、鰹節がたっぷりのって、今日焼きナスしたんですけど、鰹節がきれていて、お醤油の身の焼きナスになりました。
ヨモギ星人さんの焼きナスは丁寧に焼かれてうれしそうですね。

2014-06-30 23:55 from 雪花

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.