鉄分の吸収力をアップして、冷え性を改善する食べ方の工夫 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


鉄分の吸収力をアップして、冷え性を改善する食べ方の工夫

冷え性さんは鉄分不足であることが多いですよね。鉄分が不足すると、貧血も起こしがちになってしまいます。鉄分不足からも冷え性になることもあるんですよ。

「なんだか元気も出ないし、からだもだるい・・・」

こんなお悩みを持つ方は、鉄分が不足しているのかもしれません。


y14112201.jpg


鉄分には、からだに吸収されやすいものと、吸収されにくいものもあります。せっかく食べたのに吸収されにくかったらガッカリですよね。

でも、ご安心を!

効率よく鉄分を吸収するには、コツがあります!



↓ポチッと、元気のツボを突いてください♪ ひでぶ~!
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

■鉄分の必要量と、吸収率

冷え性さんは、成人女性が1日に必要とする鉄分は12g。閉経後の女性は10gとされています。

そのうち、からだに吸収されるのは1日約1gで、排泄されるのも、約1gです。

摂取量が減ると、鉄分は排泄されるばかりになってしまいますね。

肝臓には約3gほどの鉄分がストックされていますから、たとえ不足しても、しばらくのあいだは補うことができるので大丈夫です。

とはいえ、やはり毎日の食事のなかで、しっかりと鉄分をとりたいもの。

ところが、しっかり鉄分を含む食品を食べたとしても、からだに吸収されるのは、わずか10パーセントだといわれています。鉄分の吸収力は、あまり良いとはいえないんですね。

だからこそ、必要とされる量を毎日摂ることが大切なのだとお思います。

鉄分は、食べ方によって吸収されやすくなります。
少しでも効率よく摂りたいですね。


■ヘム鉄と非ヘム鉄

鉄分にはヘム鉄と、非ヘム鉄の二種類があります。

ヘム鉄レバー、肉、魚
非ヘム鉄野菜、貝類、海草、豆類、穀物など。

植物に多い非ヘム鉄より、動物性のヘム鉄のほうが吸収率は高いです。

非ヘム鉄であっても、動物性の食品やビタミンCと一緒に食べると吸収力がアップしますよ。

またカルシウムも鉄分の吸収を助けてくれます。
骨そしょう症の予防のためにも、積極的に摂るようにしたいですね!

y14112202.jpg

反対に、鉄分の吸収を妨げてしまうものがあります。

それは、緑茶に多く含まれているカテキンです。

食後には緑茶を飲むと、せっかく摂取した鉄分の吸収を阻害されてしまいます。

食後には、ほうじ茶など、カテキンの少ないお茶を飲んでくださいね。

料亭などでは、食後は緑茶ではなく、ほうじ茶が出てきますが、昔から体にやさしいお茶であることを経験からわかっていたんでしょうね。


昔ながらの日本の文化って、すごいですね!
いつまでも大切にしたいものです。



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました


にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.