生姜の効能を、勘違いしてました - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


生姜の効能を、勘違いしてました

いらっしゃいませ(^^)
来てくださってありがとうございます。

当ブログは「冷えない体をつくるための日々のちょっとした工夫」を紹介しています。

体があたたかくなれば、血行アップ、健康アップといいことづくめ。
アンチエイジングも期待できるんですよ~♪

*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆


“からだを温める食べもの”と聞いて、
まず何を頭に浮かべますか?

やはり「生姜」かしら(^^)

生姜はからだを温める食材としては、
代表格かもしれませんね。

わたしも積極的に摂るようにしていました。

でも、じつは生姜って、摂り方によって
からだを冷やす作用もあるってご存知ですか?


ポチッといただけると励みになります
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

↓ブログのつづきはこちらから

からだを「冷やす」というと語弊があるようですが、
生姜といっても「生のもの」と「乾燥させたもの」では、
からだへの効能が、大きく異なります。

どのように異なるのでしょう。

以下に解説しますね。


●まずは「生の生姜」。

すりおろして焼いた厚揚げの上に乗せると
薬味としていい味が出ますよね~。

この生の状態の生姜には、
「ジンゲロール」という成分が含まれています。

ジンゲロールは、非常に殺菌力が強いので、
風邪で熱が出始めたときなどはおすすめです。

からだを殺菌しつつ、体の深部に溜まった熱を
手足の抹消へと広げてくれます。

つまり、からだにこもってしまった余分な熱を
血行を促進することによって分散してくれるんです。

生の生姜を食べたあとは、
からだが熱く感じるかもしれませんが、
血行を促進して熱を逃がすので、
からだの深部は冷やす結果になるのだそうです。

冷え性の人は、生の生姜を
たくさん食べないほうが良さそうですね。
(刺激が強いからたくさんは食べられないけど(汗))



●つぎに「乾燥させた生姜」。

生姜を乾燥させると「ジンゲロール」が、
「ショウガオール」という成分に変化します。

ショウガオールには、血流を高め、
からだの深部に熱を作り出す作用があります。

生の生姜に含まれるジンゲロールは、
乾燥によってショウガオールに変化しますが、
すべてがショウガオールに変化するわけではありません。

ジンゲロールは、乾燥させた生姜にも残っています。

つまり、乾燥させた生姜を食べれば、
ジンゲロールとショウガオールの両方が摂取できるんです。

ジンゲロールの「手足の末端まで血行を促進する作用」と、
ショウガオールの「からだの深部に熱を作り出す作用」の、
両方をゲットすることになるんですね。

いかにも、からだが温まりそうです。


事実、乾燥生姜は、古くから漢方薬に使われています。

「寒冷腹痛を止める」「中を温める」という薬効が、
中国の医学書に書かれているそうですよ。

からだを冷やさない目的として食べるなら、
乾燥生姜がおすすめです。



●乾燥生姜は、ご家庭で簡単に作れます(^^)

サッと洗った生姜を薄切りにして、ザルなどに並べて天日干しするだけ。
気温や湿度にもよりますが、2~3日で乾きます。

そのまま紅茶に入れて生姜紅茶にするもグッドですし、
ミルサーで粉砕して調味料として利用するのもいいですね!

積極的に利用して、からだが冷えないようにしたいものです。



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました



↓ぬくもりのポチをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.