冷え性の原因にもなる自律神経の乱れ。・・・そもそも自律神経って何? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


冷え性の原因にもなる自律神経の乱れ。・・・そもそも自律神経って何?

自律神経って、よく聞くことばですよね。
自律神経失調症という単語もおなじみです。

そもそも、自律神経とはなんでしょう?

ちょっと復習してみたので、お伝えしますね(^^)


↓ポチッと、元気のツボを突いてください♪ ひでぶ~!
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

はじめて自律神経失調症と聞いたときは、「自律神経が無くなる病気?」などとトンチンカンなことを思ったものです。

神経が無くなるわけでは・・・もちろんないです。
虫歯じゃあるまいし(笑)

人間のからだは、約60兆個もの細胞からできています。
この細胞に、情報を伝えてくれるのが「神経」です。

わたしたちは神経のおかげで、心地良さや痛み、暑さ寒さを感じることができます。
からだに力を入れる、抜くなどの指令も、この神経を通して伝わります。

人の神経は、大きくふたつに分けられます。

ひとつは、中枢神経です。

中枢神経は“ちゅうすう”と言われるとおり、ヒトの脳や脊髄で支配司令塔の役割を果たしている神経です。

簡単にいうと、全神経を取りまとめている「取りまとめ局」です。

もうひとつは、末梢(まっしょう)神経。

「取りまとめ局」である中枢神経から枝分かれして、あらゆる方向へ伸びています。

末梢神経は、自分の意志で動かすことができる運動神経と、意識しても動かせない自律神経のふたつに分かれます。

光の加減によって瞳孔が開いたり、食事をすると胃が動きだしたりするのは自律神経が働くからです。

この自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の二種類があります。

交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれ、からだを活発に動かすときに働く神経です。
反対に、副交感神経は、体を落ち着かせているときに働く神経。

自律神経は、交感神経と副交感神経が、反対の働きをしながらバランスを保っています。

ところが、不規則な生活や、強い冷房に当たりすぎたりすると、このバランスが崩れ、「自律神経の乱れ」や「自律神経失調症」となってしまうのです。

とてもデリケートなものであることがよくわかります。

自律神経の乱れには、くれぐれもご注意くださいませ。



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました


にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

雪花さん

こんにちは(^^)
コメントありがとうございます。

自律神経は、聞く言葉ですが、
じっさいに何なのかはよくわからないですよね。

以前、一度調べてみましたが、すっかり忘れていたので、
また調べなおしてみたんです(^^;

からだって本当に神秘的ですよね。
あらゆる細胞や神経が、複雑に絡み合って生きています。
すごいですよね~・・・。

2014-06-23 12:16 from よもぎ星人

No title

こんにちは、

 よくかんたんに、自律神経が失調しているという
 言葉で体の不調は語られることが多いですが、
 こうやって自律神経ってなにっていわれると
 はっきり説明できませんでした。
 
 こうやってみると体がちゃんと動いてくれるのは
 神秘的です。
  

2014-06-23 10:22 from 雪花

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.