「林修の今でしょ!講座」で紹介。名医がやっている風邪の治し方 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「林修の今でしょ!講座」で紹介。名医がやっている風邪の治し方

「林修の今でしょ!講座」で、名医がやっている風邪の治し方を紹介していました。風邪を引きやすい今の時期、これは是非ともチェックしておきたい情報です。


y15011301.jpg


この冬の風邪は、とてもしつこいそうなので「風邪かな?」と思ったら早めの対処が必要です。「林修の今でしょ!講座」では名医のさまざまな方法が紹介されていましたが、ここでは食べものや飲みものに関する情報にポイントを置いてご紹介します。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

■「風邪かな?」と思ったときに活用したい飲みもの・食べもの

人間が一生涯のあいだに風邪をひく回数は、平均すると何回だと思いますか? 正解は約200回なんだそうです。ずいぶんと多いものですね(汗)

もし風邪かな?と思ったら、名医が実践している以下の方法も参考にして早めに治しちゃいましょう。


●温めたスポーツドリンクを飲む
スポーツドリンクは吸収が良いので栄養を効率よく補給することができます。温めて飲むとからだが温まり、ウイルスと戦う白血球がからだじゅうを巡ります。新たなウイルスの侵入も防ぐこともできます。朝起きたときに飲むと効果的だそうですよ。

風邪に備えてスポーツドリンクを何本か常備しておくのも良いですね。


●おかゆをよく噛んで食べる
おかゆは消化の良い食べものというイメージがありますが、風邪のときは消化機能も弱っているので、よく噛んで食べないと消化によくないそうです。消化に多くのエネルギーを使ってしまうと、からだは治療に専念できないので、消化を助けるためにもよく噛んで食べることが大切です。

おかゆには体をあたためたり、殺菌する効果のある梅干しや生姜、ネギ、にんにくをトッピングすると良いですよ。


●しょうが紅茶
冷え性さんにはお馴染みのしょうが紅茶も風邪を引いたときにおすすめの飲み物として紹介されていました。生姜のからだを温める作用と、紅茶の殺菌作用が効果的です。


●たまご酒
寝るまえにたまご酒を飲むのも良いそうです。回復が早くなります。お酒でからだが温まりますし、たまごの栄養分や白身に含まれるリゾチームが炎症を抑えてくれます。


●焼いたみかん
みかんには体をあたためる作用がありますが、焼くとさらに効果的です。邪魔者扱いされがちなみかんの白いスジには、肺を潤し、せきやタンを止める作用があるそうです。漢方の面から見ても、みかんは「気を巡らせる作用がある」とされています。


●お茶でうがいをする
温かいお茶でうがいをするのも効果的だそうです。お茶に含まれるカテキンが殺菌するうえ、新たなウイルスの侵入を防いでくれます。70度以上の高温でお茶をいれ、冷ましてからうがいをすると効果的だそうです。


風邪で呼吸しづらいときは、からだを横向きにすると、自然に気道が外に向くので呼吸がしやすくなるそうですよ。また、寝る際にマスクをすると呼吸の湿気で粘膜を潤すことができます。

↓そういえば、おやすみマスクという、寝るとき専用のマスクもあるんですよ。気管の弱い人にやさしい製品のようです。




今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。