暖房の効かせすぎは体力が低下する原因になる - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


暖房の効かせすぎは体力が低下する原因になる

この冬は寒さが厳しいですね。暖房を強めにかけたりしがちですが、冬に暖房をきかせすぎるのも冷えによくないってご存知ですか?


y14121401.jpg


東洋医学的に考えると、冬は静かにエネルギーを蓄える季節です。夏の暑さはパワーを発散させるためのものですが、冬の寒さはパワーを貯蓄するためのものだと考えます。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

■冬の暖房を控えめにしたほうが良いわけ

秋になると落葉樹は枯れ葉を落として寒さに耐え、内側でエネルギーを溜めています。人間もまた冬は体内で気を深く充実させていく季節です。

冬は適度に「寒い」と感じるほうがからだには良く、身を引きしめることで体内に強いエネルギーが育っていきます。

自律神経の働きも、冬仕様になります。交感神経が働いて血管を縮め、からだの熱が逃げないように働くのです。

そのため、寒い時期に、過剰な暖房や激しいスポーツ、辛い料理や飲酒などで多量の汗をかくと、自律神経の働きを不安定にしてしまいます。


y14121402.jpg


大汗をかくことは、夏はよくても冬は避けるようにしたほうが無難です。なぜなら大汗をかいて熱が奪われるとエネルギーを消費してしまうから。大切な気の充実ができなくなってしまうのです。

また冬の大量の汗は、夏よりも腎臓に負荷がかかり、腎臓の機能を弱めがちです。

そもそもわたしたちのからだには、季節によって対応できるだけの調整能力が備わっています。過度な暖房は、人間の調整能力を弱めてしまいます。

コタツでうたたねするのは気持ちが良いものですが、汗をかくまでぐっすり寝入ると疲れを感じることがありますよね。自律神経のリズムが不安定になり、疲れやすくなっているのかもしれません。

このようなときにうっかり風邪菌をもらってしまったりするので、くれぐれもご注意ください^^

寒さとも上手に付き合っていきましょう。



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.