食べ過ぎるとからだを冷えてしまう不思議 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


食べ過ぎるとからだを冷えてしまう不思議

ごはんを食べると眠くなりますよね。ランチでお腹いっぱい食べてしまうと、午後はもう眠くて眠くて、仕事をしているのか、睡魔と闘っているだけなのか分からなくなってしまいます(笑)

眠くなるほど食べるって、じつは良くないんですよね。お腹いっぱい食べてしまうと、からだは消化・吸収のために忙しくなってしまいます。全身の血液を胃腸に集めるので、脳や筋肉にまわすぶんが減るのです。


y14120302.jpg


血液が回されなければ脳はじゅうぶんに働かなくなるので眠くなるし、筋肉も血液不足から熱を生み出せなくなるので体温が下がります。

つまり、食べ過ぎは冷え性の原因にもなるんです。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

■人のからだは吸収しているときは排泄をしない!?

たくさん食べると、からだを冷やす原因になるって意外な感じがしますよね。たくさん食べれば栄養がいっぱい摂取されて体も温まりそうな気がしますが、じつは冷えるのです。

からだが冷えてしまうと血液の流れが悪くなり、血液中のコレステロールや脂肪、当分、尿酸などが増えて血液が汚れます。するとますます血行が阻害され、体はさらに冷えることになるといいます(汗)

このような悪循環にストップをかけるのが、“食べないこと”なんだそうです。人間のからだは、吸収しているときは排泄を阻害するようにできているので、食べないでいれば排泄能力が高まるのです。

「プチ断食」などが話題になりましたし、「断食道場」で決まった期間に断食をする人もいます。断食をするとデトックス効果があがるそうですね。食べずにいると排泄がよくなるのだといいます(素人判断で断食をおこなうのは危険です)。


■人の排泄能力を実感できる時間帯とは?

食べないことで排泄が良くなることを誰もが実感できる時間があるんですよ。それは朝。

朝起きたときは、前日の夕食を食べたあとから何も食べないでいますよね。食べない時間が長いので排泄力が高まっているんです。

目ヤニが出るし、喉はいがらっぽい。口のなかはネバついて口臭も気になります。尿も濃くなっていますよね。

これこそ排泄能力があがっている証拠です。血液の汚れを排泄して、からだが血をクリーンにしようとしているのです。


■朝食は控えめに

朝は排泄能力があがっている時間帯であることがわかりました。朝からたくさん食べてしまうと、排泄能力がストップしてしまうことになるそうです。

そのため、朝は「しょうが紅茶」だけにするという健康法もありますね。または「しょうが紅茶」と「にんじんジュース」だけにするというやり方もあります。

しょうが紅茶はからだを温めて、さらにデトックスを促すそうですよ。とはいえ、仕事のある日にしょうが紅茶だけにしてしまうと、お腹が空きすぎて苦しいかもしれませんね。無理をするとストレスになるので良くありません。

時間のゆとりのある休日などに、プチデトックスとして朝はしょうが紅茶だけにしてみるのもいいかもしれませんね^^



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.