お肌のうるおいの決め手はヒアルロン酸 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


お肌のうるおいの決め手はヒアルロン酸

からだの水分をキープするために必要なのはヒアルロン酸です。体内のヒアルロン酸の量は20歳がピーク。年齢とともに減少しつづけ、40代を過ぎると急激に減少します。

赤ちゃんのお肌は、みずみずしくてぷるんぷるん。それもそのはず。赤ちゃんのからだは、約75%が水分でできているんです。


y14112301.jpg


体内の水分を保つために役立っているのがヒアルロン酸。ヒアルロン酸は、たった1gで6リットルもの水分を保つことができるのです。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村


■お肌や目を乾燥から守る
人は年齢とともに体の水分が減っていき、高齢になると水分量は約50%にまで少なくなります。

ヒアルロン酸は、もともと体内にあるものです。とくに眼球やお肌の真皮に多く含まれています。うるおいを維持し、からだを乾燥から守っています。

目はつねに外気にさらされているため、もっとも水分を必要とするところだと考えられています。ヒアルロン酸は、涙を角膜の表面におさえて乾燥からひとみを守る役目をします。また、眼球の硝子体に多く含まれ、クッションのような役割もあります。

お肌のヒアルロン酸の役割はうるおいを保ち、ハリと弾力を維持することです。ヒアルロン酸が不足すると、うるおいが失われて弾力が減少してしまうので、ハリが衰えてカサカサしたり、肌荒れの原因につながります。

お肌や目のうるおいを保つために、ヒアルロン酸を多く含むものを食べましょう♪

●ヒアルロン酸を多く含む食べもの
・肉類では鶏手羽、鶏なんこつ、豚足、鮭、カレイ、魚の目、フカヒレ、うなぎなどに多く含まれています。
・野菜では山芋や納豆、オクラ、モロヘイヤなどのネバネバしたものがおすすめです。

しかし、ヒアルロン酸は分子が大きいので吸収力が弱いのが難点。なかなか吸収することができないそう。

効率的にヒアルロン酸を摂取したいなら、サプリメントで摂るのもおすすめです。但し、そのままでは高分子のため吸収されにくいので、分子が小さな低分子のサプリメントを選んでくださいね^^


美容液の効果を最大限に取り込む方法
美容液をしっかりとお肌に送り込むには、角質層の水分量が決め手だった

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.