目に見えない体にとって良くないもの、毒とはいったい何? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


目に見えない体にとって良くないもの、毒とはいったい何?

わたしたちは、毎日生活しているだけで、からだにとって良くないものや、毒となるものに触れ、取り込んでしまっています。

すんなりと排出できれば良いのですが、溜めこんだままでいると体に不調をきたし、からだは冷えてしまいます。度を超えると病気となってあらわれてしまうのです。

では、体にとって良くないものや、毒となるものには、どのようなものがあるのでしょうか。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

■からだに良くないものは目に見えない

からだにとって良くないものや、毒となるものは、直接目で確認できるものではないようです。だからこそ、厄介だともいえます。食べものや呼吸から、知らないあいだに取り込んでしまうことがほとんどです。

どのようなものなのか、具体的に見てみましょう。


【食べ物から入るもの】
食の安全性はいつの世にも問われるものですが、現在の日本の食卓に、添加物を一切含まない食事前が並ぶことがあるでしょうか。おそらくない・・・と考えられます。

それほど食品に添加されているものは多いです。年間1人あたり4キロもの食品添加物を摂取しているともいわれています。また作物に農薬が残留している可能性もあります。


【空気中にあるもの】
大気汚染やウイルスなど、空気中には有害なものが数多くあります。 呼吸をすれば吸い込んでしまうのです。また紫外線や放射能など、皮ふから取り込んでしまうものもあります。


【ストレス】
ストレスもまた体にとっては毒となります。ストレスにさらされると人は頭に血がのぼって「冷えのぼせ」状態になり、足元が冷えてしまうのだそうです。こうした心の冷えは、体の冷えの4000倍の毒があるという説があるそうですよ。


いかがでしょうか。からだにとって良くないものや、毒となるものには、少し書きだしただけでも、これほどたくさんあるんです。あまりにも多くて、書いているだけで薄ら寒くなってきましたよ(汗)

添加物や、空気中の有害物質などは、どうしてもからだの中に入ってきてしまいます。大切なのは、こうしたものを出来るだけ早く体外へ排出することです。

冷え性を放置してしまってはダメですよ~。どんどん良くないものや毒が溜まっていってしまいます。冷えていると毒素を排出する力も弱くなってしまうからです。

冷えはふだんからのちょっとした工夫を積み重ねることで改善できます。良くないものや毒を溜めこまないようにして、冷え性改善はもちろん、アンチエイジングや美肌づくりに役立てていきましょう^^



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.