続・納豆を食べると、なぜか便秘気味になってしまう人のために - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


続・納豆を食べると、なぜか便秘気味になってしまう人のために

当ブログへ来て下さる人のなかに「納豆 便秘になる」というようなキーワードで辿り着く方がいらっしゃいます。過去記事の、「納豆を食べると、なぜか便秘気味になってしまう人のために」という記事へアクセスしています。

そのアクセス数は、決して少ないものではありません(当ブログにしてはですが)。ブログの左サイドバーの「人気記事ランキング」のなかでも4位に入っているくらいです(10/27現在)。

納豆を食べるとなぜか便秘になってしまう人って、多いんですね!でも不思議ですよね~、納豆は発酵食品で消化が良いはずなのに。

この疑問に対する答えが、最近ひとつ見つかりました。



↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村


■ネバネバ食品は消化管を詰まりやすくする!?

納豆は発酵食品ですが、ネバネバ食品でもありますよね。ネバネバ食品といえば、納豆のほかに何が思い浮かぶでしょうか。

山芋、オクラ、モロヘイヤ、メカブなどがありますよね。どれも健康に良さそうで積極的に摂ることが推奨されていると思います。

ところが。

インドの伝統医学・アーユルヴェーダの観点からみると、こうしたネバネバ食品は、消化にたいへんな時間を要するとされているのだそうです。

体内の血管や器官、消化管などを詰まりやすくする傾向もあるんですって!だとしたら納豆で便秘になっても不思議じゃありませんよね。

またアーユルヴェータでは、ネバネバ食品にはからだを冷やし、湿らせる質があるともいわれています。からだの管が詰まる元だというのです。

そのため花粉症やアトピー、ぜんそくなどの人はネバネバ食品をたくさん食べないほうが良いとされています。これらの症状は期間や血管のつまりが原因とされているからです。

納得できる面もありますよね。

でも、アーユルヴェータでは、地産地消を推奨してもいるんですよ。納豆を食べることは地産地消そのものですよね。


■日本人はネバネバ食品に慣れているともいえる

インドの伝統医学のアーユルヴェータで「ネバネバ食材は控えましょう」とあっても、それはインドの人々を対象にいえることで、日本人に当てはまるかといえば、必ずしもそうではないようです。

日本人は昔から納豆やメカブなど、ネバネバ食材を長いあいだ食べてきた民族なので、日本人のからだは、ネバネバ食品に耐性があるともいわれています。

だから人によっては、納豆を食べても便秘にならない人もいるし、なる人もいるのですね。冷え性だったり、からだの管が詰まりやすい人は、納豆で便秘になりやすいとも考えられます。


■消化しやすい時間に食べる

便秘になりやすい人は、からだの消化力がアップしている時間帯に納豆を食べると良いそうです。

お昼の時間帯、とくに14時ごろが一番消化力がアップしているので、昼食に納豆を食べるとと良いかもしれません。

また、ネバネバ食品のネバネバを緩和するスパイスなどを一緒に食べるのも良いそうです。キムチ納豆などは良さそうですね。


以上、納豆を食べると便秘になりやすい人の参考になれば幸いです。


今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.