美しい髪の毛を育てるために摂りたい食材 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


美しい髪の毛を育てるために摂りたい食材

美しい髪の毛を育てるためには、からだや頭皮の血流を良くすることが必要です。

漢方では髪の毛のことを「血余(けつよ)」と呼び、人の血液の状態が髪にあらわれるとされています。からだの中をきれいな血液がめぐれば、美しく健康な髪がつくられるということでもあるんですよ。そのためには食べるものも大切です。

美しい髪を育てるために食べたい食品の頭文字をとると「まごはやさしい」になるといわれています。

ま→豆類、ご→ゴマ、は→ワカメ(海藻)、や→野菜、さ→魚、し→シイタケ(きのこ)、い→芋類

だれが考えたんでしょう。覚えやすくていいですね。今日は「ま」の豆類と、「は」の海藻が髪に与える効果を見てみたいと思います。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村


■豆類・海藻類が髪によい理由

「まごはやさしい」のなかの「は」は、ワカメのことです(ちょっと強引ですね(笑))。髪にはワカメやコンブなどの海藻が良いとは昔からいわれていますよね。

髪の発育を促すヨードを含んでいることからそのようにいわれているのでしょう。積極的に食べたい食品のひとつです。

「まごはやさしい」の「ま」は、のこと。おすすめなのは大豆です。大豆は女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンという成分が含まれています。毛根にある皮脂腺の働きのバランスを整えて、髪に栄養を運ぶ頭皮の毛細血管を丈夫にしてくれるんです。

髪の主成分は、ケラチンというタンパク質の一種です。大豆はタンパク質が豊富に含まれていますから、豆腐や納豆、味噌やきな粉などの大豆の加工食品をこまめに食べるようにしたいものです。

ケラチンは、およそ18種類のアミノ酸によって構成されていますが、なかでもシスチンというアミノ酸をいちばん多く含んでいます。

このシスチンと同様の働きをするのがメチオニンというアミノ酸。このメチオニン、ワカメなどの海藻に含まれているんです。

カタカナが多くて、ちょっとややこしいですね。簡単にまとめると、
1.髪の主成分がケラチン。
2.ケラチンにいちばん多いアミノ酸がシスチン。
3.シスチンと同様の働きをするのがメチオニンで海藻に含まれている。

つまり、海藻は髪に良いということです♪

もうひとつ、髪に良いとされている食材をご紹介しますね。それは、松の実です。豆ではないけど、「ま」つながりで覚えられて便利です。

松の実は、良質の植物性脂肪を多く含むうえ、「陸のカキ」といわれるほど亜鉛も豊富です。滋養強壮や血液をふやす作用もあるので、髪を美しくするのに効果的なんだそうですよ~。

フライパンで炒って、サラダやお菓子にトッピングして食べてみてはいかがでしょうか? 髪を美しくしてくれますよ♪


ドライヤーのかけ方で髪が変わる!
髪の毛を傷めないドライヤーの使い方

頭皮は考えてる以上にデリケート
髪の毛を美しく保つためには、まず部屋の掃除が必要です

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.