抗生物質に殺されてしまう善玉菌 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


抗生物質に殺されてしまう善玉菌

だんだんと秋色が深まって、肌寒く感じる日も増えてきました。風邪を引きやすい時期でもあります。

風邪薬のお世話になることも多いですよね。風邪薬は、つらい症状を緩和してくれるありがたいものですが、服用にあたっては注意が必要です。

風邪薬に含まれる抗生物質は風邪の菌をやっつけてくれますが、同時に腸内の善玉菌もやっつけてしまうんです。

どうしたらよいのでしょうか・・・?

↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村


抗生物質はすべての菌をやっつけてしまう

風邪のとき、病院で処方された薬を飲んで、お腹を壊してしまったことはありませんか?

抗生物質は病原菌を殺す強い効果がありますが、風邪が長引いて薬の服用期間が長くなると、腸内細菌をも根絶やしにしてしまうことがあるんです。

体調がすぐれないときは、免疫力も下がっていますから、ただでさえ悪玉菌が優位になりやすい状態です。そのため、なかには処方された抗生物質を数回服用しただけでお腹をこわしてしまう人もいます。また、何種類もの抗生物質を大量に使用すると、その抗生物質に対する耐性をもつ細菌を作り出すことになります。

だからといって、抗生物質の使用を止めるべきではありません。からだにとってメリットがあるなら使用を継続するべきです。まずは体に入り込んだ病原菌をやっつけることが先決なのです。

大切なのは、抗生物質の服用後です。

少なくとも2週間間は、ヨーグルトやオリゴ糖を含む食品など、善玉菌を増やす食品を積極的に摂るようにしましょう。悪玉菌が優位になっている腸内環境を、正常な状態に戻す必要があるからです。

また、病院によっては抗生物質にも死滅しない乳酸菌製剤を処方してくれることもあります。心配なときは、お医者さんに相談してみることをおすすめします。


■風邪は予防がいちばん

風邪は早めの対処が効果的ですが、まずは風邪を引かないようにすることが大切ですよね。風邪はウイルスによって感染します。うがいや手洗いをしっかり行って、病原菌を体内に入れないように予防しましょう。

またバランスのとれた食事をとることも大切です。鼻やのどの粘膜を強化するビタミンAやビタミンB類、免疫力を高めるビタミンCをたっぷりとってくださいね。

また不規則な生活から睡眠不足が続いたりすると免疫力を下げてしまいますので、注意してください。

ゾクッときたときは要注意です。からだを温める葛根湯や、しょうが紅茶、梅しょう番茶がおすすめです。しっかり予防してこれからの時期も元気で過ごしましょうね^^

梅しょう番茶の作り方はこちら
冷えも改善する梅醤番茶の健康効果



を引いたときは早めに処置したいもの。からだの温まる飲み物や、風邪薬を飲んで睡眠をしっかり取りましょう。


今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.