油(脂)を摂りすぎていませんか? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


油(脂)を摂りすぎていませんか?

あなたは1日にどのくらいの油を食べていますか?油というと、「太る」「体に悪い」というマイナスのイメージが強いかもしれませんね。

しかし、油(脂質)は人が健康を保つために欠かせない三大栄養素のひとつです。

では実際に、油(脂質)はわたしたちの体のなかで、どのような働きをしているのでしょうか?


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

■油にはからだを守る役目がある

わたしたちのからだは、すべて細胞から成り立っています。この細胞の膜を形作っているのが油です。細胞は必要に応じて油を分解し、からだを守る物質を作っています。

油の働き
・効率のよいエネルギー源
・肌や髪の毛を健康に保つ
・脳や神経系の機能を守る
・細胞の活動を盛んにする
・脂溶性ビタミンの吸収を助ける

上記のように、油には重要な働きがありますが、やはり摂りすぎは健康にとって良くありません。日本人の食生活の統計を見ると、エネルギー摂取量のなかで油(脂質)の割合は増加しています。


■食生活を振り返る

こんな食生活に思い当たりませんか?
・外食が多い
・スナック菓子やドーナツ、ケーキが好き
・おかずは揚げ物が多い
・たっぷりの油で調理する

現代人は知らず知らずのうちに油を過剰に摂りやすい食生活になっています。外食や加工食品、お菓子やケーキなどには思っている以上に油分が使われいたりするので注意が必要です。

とくに、わたしたちアラフィフ女性は、より一層の注意が必要なのかもしれません。それは閉経を迎える時期でもあるからです。

閉経を迎えるとエストロゲンの影響を受けなくなるので、コレステロール値が上昇しやすくなります。さらに、善玉コレステロールが減少して、悪玉コレステロールや中性脂肪が上昇する傾向にもあるんです。

いままでどおりの食生活では、油(脂)の多く摂りやすいので注意してくださいね!




今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.