コエンザイム10のサプリメントは危険だってほんとうなの? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


コエンザイム10のサプリメントは危険だってほんとうなの?

コエンザイムQ10は、美肌効果、老化防止、疲労回復に効果があるとしてサプリメントなどが人気を呼んでいますよね。

わたしも一時期ではありますが、コエンザイムQ10のサプリメントを飲んでいました。また飲んでみようかなぁと思っていたところ、気になる情報を耳にしました

なんと、コエンザイムQ10は医学的には確証のあるものではなく、取り続けることはむしろ危険だというのです。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

コエンザイムQ10の抗酸化物質として働き

コエンザイム10とは、補酵素のひとつです。酵素とはからだの中で物質を変化させるもので、補酵素は、それを手助けするもの。「コ」が補で、「エンザイム」が酵素を意味します。

コエンザイムQ10は、細胞のエネルギー生産に関わっていて、抗酸化作用がありますが、年齢とともに減少していきます。そのためサプリメントで摂ることが推奨されているんですね。

わたしもアンチエイジング効果を期待して飲んでいました。

しかし、抗酸化作用でアンチエイジング効果があるはずのコエンザイムQ10が、からだで作用したあとに、活性酸素を発生させる物質になることがあるというから驚きました。

もともと、コエンザイムQ10や、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンEなどのサプリメントは、抗酸化物質であるから健康や美容のために良いといわれています。

なぜ良いのかといえば、抗酸化物質は、細胞を傷つける活性酸素を除去してからだを守るといわれているからです。
どのように守るかというと、活性酸素が細胞を傷つける前に、抗酸化物質が活性酸素と結びつくのだそうです

しかし、活性酸素と反応したコエンザイムQ10が、今度は酸化型コエンザイムQ10に変化、今度は活性酸素を発生させる有害物質に変化することがあるのだそうです。

コエンザイムQ10は、どんな食べ物にも含まれていますが、たべものに含まれているコエンザイムQ10は、胃腸の消化吸収によって、からだに取り込まれます。

しかし、サプリメントとして精製されたコエンザイムQ10を摂取すると、胃腸の消化吸収が低下する恐れがあるそうです。さらに、体内でコエンザイムQ10をつくる必要性がなくなり、能力が低下する可能性もあるといいます。


■コエンザイム10はもともと医薬品だった!?

本来、コエンザイムQ10は、心臓病の医薬品でした。しかし治療に使うには、効果が怪しいものだったがゆえに、サプリメントとはして販売れるようになった・・・という話もあります。

医薬品としてのコエンザイムQ10は、一日の摂取量は30ミリグラムと決められています。医薬品ですから、副作用もあります。

しかし、サプリメントとしての摂取量は、制限がありませんよね。

コエンザイム10のサプリメントを飲むときは、もともとが医薬品であったことを踏まえたうえで、あまり飲みすぎないようにすることも大切なのかもしれませんね^^;


今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.