抗酸化食品でアンチエイジング効果を得る食べ方とは? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


抗酸化食品でアンチエイジング効果を得る食べ方とは?

エイジング(老化)は、だれにとっても最大の関心事ですよね。年を重ねるにつれて、お肌のハリやシミ、シワなどの悩みは増えていきます。

こうした老化の原因のひとつが「酸化」です。酸化とは、からだにサビのようなものが増えてしまうこと。できるだけ減らしたいですよね~。アンチエイジングをめざしたいものです。

アンチエイジングのためには抗酸化食品を摂取することが良いといわれていますが、実際にはどのような食品を食べたら良いかご存じですか?


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

アメリカでは抗酸化作用が数値化されている!?

からだの酸化を抑えるために抗酸化食品を摂ったからといって、完全にエイジングを止められるわけではありません。お肌のおとろえに対する効果も、証明されているわけではないんです。

それでも抗酸化食品を適切に選んで、バランスよく取り入れることは、すぐに始められる効果的なアンチエイジングです。

エイジングケア化粧品や、スキンケア商品を効果的に使うためには、からだの内側の酸化を減らしておいたほうが良いんですよ。サプリメントを飲むにしても同様です。

しかし、いざ抗酸化食品を食べようと思っても、どの食品にどれくらいの抗酸化作用があるのかなんて、わかりませんよね。

その点、米国では農務省がホームページで、食品の持つ抗酸化作用の強さを数値化して公表しているそうです。進んでいますね~。ヨーロッパでも食品の抗酸化作用のデータを知ることができるそうです。日本でも早く知ることができるようになるといいですね。

日本で、抗酸化作用が高いといわれている食品を、アメリカで発表されている抗酸化作用の数値にあわせてみると、じっさいに高い数値を示しているそうですよ。


ふだんの食事から、アンチエイジング

以下に、アンチエイジング効果の高い食品をご紹介しますね。どれもアメリカで抗酸化作用の数値が高いものばかりです。アンチエイジングの作用を高めるためには、どれかひとつを食べるのではなく、まんべんなく取り入れるのがコツです。

日常的に摂りたいアンチエイジング食品
●野菜(緑黄色野菜。ブロッコリー、にんじん、トマト)
●果物(ブルーベリー、ストロベリーなど、ベリー系)
●オリーブオイル(質の良いもの。エキストラバージンオイル)
●チョコレート(ダークチョコレート)
●豆類(大豆食品)
●ナッツ(くるみ、アーモンド)
●穀類(玄米、発芽玄米)
●ガーリック
●酢(バルサミコ酢)
●ワイン(赤ワイン)
●海藻(海苔、もずく)
●水

これらの抗酸化作用のある食材とともに、オメガ3系脂肪酸を含む魚類を加えるとさらに効果的です。

今日食べたごはんに、上記のものは含まれていたでしょうか?もし、含まれていなかったら、明日の食事にはぜひ意識的に取り入れてみてくださいね。

メニューに悩んだときは、上のアンチエイジングな食材リストを思い出して取り入れてください。

アンチエイジングは毎日コツコツが効果的です。


今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.