にんじんのうれしい効果。体にぬくもり、肌にツヤ。 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


にんじんのうれしい効果。体にぬくもり、肌にツヤ。

にんじんと聞くと、からだに良い野菜というイメージが
頭に浮かびますよね。

にんじんは、欧米の自然療法の世界でも、
健康効果が高いと認められています。

からだを温める効果も高いんですよ。
食べなきゃソンです♪


ポチッといただけると励みになります
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

冷えをとって、からだを温めたいなら、
毎日100g程度のにんじんを食べると効果的です。

よ~く洗って、できるだけ皮付きのまま食べてくださいね。
漢方では、食物を丸ごと食べることを推奨しています。

丸ごと食べたほうが、食物の栄養素を丸ごと得られるし、
からだに有効に働くからです。

にんじんは加熱して食べるのもポイント。

加熱すると、からだを温める効果がさらに高まります。
できるだけ加熱して食べてくださいね。


●にんじんの栄養素といえばβ-カロチン。


β-カロチンは、にんじんのオレンジ色の素になっている
カロチノイドと呼ばれる色素の一種。

活性酸素を除去する働きが強く、
抗酸化ビタミンとも呼ばれているほどです。

β-カロチンは、必要に応じて体内でビタミンAに変化します。
また、油と相性が良いという特徴もあるんです。

油で妙めると、にんじんの有効成分であるβ-カロチンの吸収率が
ゲ~ンとアップするんです。

うれしいことに、β-カロチンを摂ると、
お肌の免疫力・抗酸化力もドーンと高まります。

シミやシワの予防はもちろん、
シミ抜きにも効果的なんですよ。

にんじんは、美肌効果がバツグンなんです。

お肌の老化が気になる世代には、
うれしい情報ですよね(^^;
いや、マジで(笑)

たまに食べるくらいでは効果は期待できませんので、
毎日.. 100グラム以上程度を続けて食べてみてください。

にんじんをたくさん食べると、
ビタミンAの摂りすぎになるのでは?と、
心配される方もおいでかもしれませんが、
その点はご安心ください。

β-カロチンは、必要に応じて体内でビタミンAに変化します。
からだにとってビタミンAが不要になれば、
それ以上、体内でβ-カロチンが変化することはありません。

もりもり食べて大丈夫です

からだの冷えが改善されるだけでなく、
お肌もキレイになったらウレシイですよね~

わたしもできるだけ毎日食べるようにしています。

にんじんをたくさん食べられる料理の代表格は、
沖縄料理のにんじんシリシリでしょうか?

レシピをご紹介しますね!


●にんじんシリシリ

にんじん   2・3本
ツナ缶    1缶
卵      1個
サラダ油   小さじ1
塩・コショウ 少々
麺つゆ    少々


1.にんじんを細く切り(野菜スライサーでもOK)、卵を溶いておく。
2.フライパンにツナ缶の油か、サラダ油を入れ、
にんじんを炒めます。
3.にんじんが炒まったらツナを混ぜ、
溶き卵を流しいれて、炒めながら混ぜます。
4.卵に日が通ったら、塩コショウ、麺つゆで味付けすれば完成!

美味しくて、β-カロチンもたっぷり摂れるのでオススメですよ~。


今日は我が家ではツナ缶がきれていたので、
しめじとごま油で炒めました。


ninnjinn.jpg

にんじんが甘くて、
とっても美味しかったで~す(^^)

どんどん活性酸素が除去されますように!



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました



↓ぬくもりのポチをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.