美肌づくりのためには睡眠の質が重要だった - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


美肌づくりのためには睡眠の質が重要だった

朝、すっきりと起きられますか? 夜、ベッドに入ってもなかなか寝付けなかったり、睡眠が浅かったりすると、翌朝は寝覚めが悪く、疲れが残っていたりしますよね。お肌の調子もいまひとつです。

反対に、しっかり睡眠がとれている場合は目覚めもよく、スッキリと気持ちよく起きることができます。お肌の調子もよく、いきいきとしています。

なぜ、睡眠のとり方によって、これほど体調やお肌の調子が変化するのでしょうか?


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

睡眠中に分泌される成長ホルモンが美肌をつくる

睡眠中は、からだの組織の生成をうながす成長ホルモンと、からだの機能を正常にする役目のある副腎皮質ホルモンがたくさん分泌されます。そのため、細胞分裂が活発になって、からだのさまざまな組織が、修復・再生されるのです。

お肌にもおなじことがいえます。睡眠中は、血液が末端まで流れるようになるので、栄養成分が皮ふのすみずみまで行きわたるようになります。お肌にとって睡眠が大切なのはこのためです。睡眠をしっかりとることで、ホルモンの分泌と栄養補給がじゅうぶんにおこなわれ、血色の良い美しいお肌を作ることができます。

反対に、徹夜をするとお肌がひどく荒れてしまいますが、それは皮ふが再生されず古い状態のままだからです。

毎日の睡眠が、お肌にとっては何よりも大切。毎日定期的に皮ふが再生れることによって健康的なお肌が作られています。


■睡眠時間の長さより、睡眠の質をあげる

成長ホルモンは、入眠直後に多く分泌されます。体内時計がズレると、ホルモンの分泌そのものが滞るので、寝る時間は毎日おなじ時刻が良いのです。

また、成長ホルモンの分泌が多くなるのは入眠から3時間です。お肌の再生の再生のためには、トータルでおよそ約6時間が必要だとわれています。眠りの浅い8時間睡眠より、1日6時間でも深くぐっすりと眠るほうがお肌にも良い影響を与えます。


■質の良い睡眠をとるための、環境を整える

深い眠りを得るためには、眠るための環境を整えるのもポイントです。寝心地のよい寝具に、着心地のよいリラックスしたウェアで寝るのはもちろん、以下のような工夫もおすすめです。

●寝る3時間前からは何も食べない。
(消化活動が睡眠の質を悪くするため)
●寝る直前までパソコンや携帯のディスプレイを見ない。
(光の量が多いと、眠りをうながすホルモンのメラトニンの分泌が滞るため)

●お風呂は38~40℃のぬるめのお湯に入るとリラックスして眠りやすくなります。

●アロマオイルは気持ちを穏やかにしてリラックスさせてくれます。ティッシュに1~2滴おとして枕元に置くと、気持ちが落ち着きますよ。



睡眠前にリラックスタイムをもつ
心地よく眠るために



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓あなたのポチが更新の励みです。

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.