食べて痩せるためには、体内時計にあわせるのが効果的 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


食べて痩せるためには、体内時計にあわせるのが効果的

わたしたちは毎日時計をチェックしなくても、おなじ時間帯にお腹が空きますし、眠くなります。これは全身の細胞にある「時計遺伝子」の働きによるものです。

この体内時計のリズムにあわせて食事をすると、量を減らさなくても痩せることが可能だといいます。ほんとうに痩せられるのでしょうか?


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

体内時計にあわせて食事をする

体内時計がからだに食事の時間を知らせると、内臓の働きは活発になります。消化をうながす酵素や、脂肪をエネルギーに変えるホルモンの分泌量が増えるのです。

このタイミングにあわわて食事をすると、消化や代謝がスムーズになり、体脂肪の増加を防ぐことができます

体内時計にあわせた理想的な食事の時間は、朝食は7~8時、ランチは12~13時、夕食は18~19時です。この時間帯にあわせて食事をとると、痩せるのだそうです。これは「時間栄養学ダイエット」と呼ばれています。


■体内時計をリセットすればエネルギー代謝がアップする

朝食には睡眠中にオフモードになった体の各器官を、オンに切りかえる働きがあります。朝食を食べることで内臓の働きが活発になり、代謝がアップします。一日に消費するエネルギー量が増加するのです。

わたしたちの1日のサイクルは24時間ですが、人間の体内時計の周期は1日25時間です。この時間差をリセットしてくれるのが「朝日」と「朝食」。朝日を浴びると体内時計がリセットされるので、夜に眠りやすくもなるんですよ。

朝食を抜いてしまうと、からだは体内時計をリセットすることができなくなります。ランチや夕食を食べる時間と、消化液やホルモンの分泌が盛んになるタイミングがずれてしまい、体脂肪がつきやすくなってしまうのです。

体内時計をリセットして、エネルギーの代謝をアップさせるためには、まず朝日を浴び、その後1~2時間以内に朝食を食べることが大切です。


■朝食で摂りたいエネルギー

ごはんやパンなどの穀類に含まれる糖質は、脳の働きに不可欠なエネルギー源。ダイエットのために糖質を含むごはんやパンをとらない人もいますが、これは逆効果。

糖質が不足すると、からだは筋肉を分解して補おうとするので、筋肉量が減少して基礎代謝の低下を招いてしまいます。
糖質とタンパク質をいっしょにとると、体内時計をリセットする効果がアップするので、朝食にはごはんやパンと一緒に納豆やチーズ、卵などのたんぱく質をとるようにしてください。


■ランチと夕食をとるポイント

わたしたちの体内には脂肪の合成を促進するBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質があります。BMAL1(ビーマルワン)は、体内時計のリズムによって増減を繰り返していますが、10~14時までのあいだはほぼゼロになります。

つまり、ランチの時間帯はカロリーの高いものを食べても脂肪になりにくいのです。しっかり食べても大丈夫なので、揚げ物を食べるならランチがおすすめです。ビタミンやミネラルが不足しないように野菜などと一緒にバランスよく食べましょう。

夕方以降は、日中と比べて活動量が減り、BMAL1(ビーマルワン)も増加します。このため食べ過ぎると余ったエネルギーは脂肪に変換されやすくなります。夕食は揚げ物などは避けて、お腹にやさしいカロリーの低いメニューにしましょう。またBMAL1(ビーマルワン)は22時にピークになりますので、夕食は21時までに済ませるようにしてくださいね。

そうはいっても、仕事などで夕食が遅くなることもありますよね。次回は、夕食が21時以降になってしまうときの気を付けたいポイントなどをお伝えしたいと思います。



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.