白髪は抜く?抜かない?正しい対処法と、その理由。 - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


白髪は抜く?抜かない?正しい対処法と、その理由。

アラフィフ世代に入ってから、白髪がチラホラと目につくようになりました。黒い髪の毛のなかに、白髪が一本ピョコンと混じっているのを見るとプチッと抜きたくなります。

でも、白髪は抜かないほうが良いといいますよね。なぜ抜かない方が良いのでしょうか。その理由をあなたはご存じですか?


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

白髪を抜くことのデメリット

髪の毛は、ひとつの毛穴から数本生えています。成長期にある白髪を一本抜いてしまうと、その毛穴にはやはり白髪が生えます。白髪を減らそうと、いくらガンバッて抜いてみても、白髪が減ることはないのです。

反対に、白髪を抜いたからといって、白髪が増えるということもありません。加齢による白髪は、細胞がメラニン色素を作れなくなることで発生しますが、その数は徐々に増えていきます。

最初は、たまたま目についた白髪を抜いていたとしても、そのうち防ぎようがなくなっていくので、「白髪を抜くと増える」と感じるのだそうです。

「抜いても増えないのね、なら安心して白髪を抜けるわ♪」と思ったみなさん、抜くのはやはり止めたほうがよさそうです。


■白髪を抜くと、次に生えてくる白髪が変形する!?
安易に白髪を抜いてしまうと、毛根の形状が変化してしまうのだそうです。すると、次に生えてくる白髪がカーブしたり、うねって波状になったりして、ますます目立ちやすくなってしまいます。

これは身に覚えのある方も、少なくないのではないでしょうか? わたしはあります(汗)

また、おなじ場所を何回も繰り返し抜いていると、毛根に無理な力が加わって傷めてしまい、髪が生えてこなくなることもあるんだそうですよ。気になるときは、抜かないで根本からプチンと切るほうが良いそうです。

通常、加齢による白髪は30代後半から50歳代にかけて始まって、60歳を過ぎるころから目立つようにることが多いそうです。

白髪は個人差も大きく、20代から白髪が出始める人もいますし、60代になっても白髪があまり目立たない人もいます。これは多くの場合、遺伝的な要因が大きいようです。

しかし、加齢によって白髪が出るメカニズムは、いまだその予防法や治療法は確立されてないのが現状です。今後、研究が進めば予防法や、進行を食い止める方法が見つかるかもしれませんね。

少しでも長く黒髪がキープできるように、頭皮マッサージをしたり、栄養バランスのとれた食事を摂るなどして、髪や頭皮を労わっていきたいものです。



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.