肋骨へこまし法でお腹まわりのお肉をスッキリさせませんか? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


肋骨へこまし法でお腹まわりのお肉をスッキリさせませんか?

“肋骨を締める”と、下腹や、腰回りのたるみを引き締める効果があると知ってやってみました。多くの人は、肋骨が開き気味なんだそうですよ。まるで肋骨が上を向いている感じだといいます。

実際に肋骨を締めることを意識して体を動かすと、ウエストがくびれ、内臓を刺激することにもなるので動きが活発なるので新陳代謝もあがりますし、便秘解消にも役立ちます。

さて、その方法とは?

↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

インナーマッスルを鍛えるとウエストにくびれが出現

下腹が出たり、腰痛になったりするのは、腹筋と背筋のバランスの悪さや、骨盤周囲の筋肉が硬いことが原因なんだそうです。そのため肋骨が上を向いて、開いてしまいます。

肋骨を下に向かせるためには、体の深部にある腰を安定させる筋肉を使います。これらは日常的には意識しない、インナーマッスルですが、鍛えるとおなかがキュッと引き締まり、ウエストのくびれが出てきます。

さっそく、そのやり方をご紹介しますね。簡単ですよ♪


【肋骨へこまし法】
y14090402.jpg

1.みぞおちの下の部分をからだのなかに潜り込ませるイメージで、ぐっと力を入れて引っ込ませ、そこで5秒キープ。

2.肋骨を左右から自分の筋肉で締めます。はじめは両腕を脇につけて、補助しながら肋骨が閉じるという感覚をつかみます。1日5回くらいからスタートします。


1.は、腹式呼吸法で息を吐ききったときに、横隔膜をグッと上にあげるイメージでやるとできますよ。

腹式呼吸のやり方はこちら⇒腹式呼吸のススメ

グッと力を入れて引っ込ませるこのエクササイズを実践すると、自分の肋骨や、脇腹、内臓がいかにたるんでいるかが分かるんですよ(汗)

自分のたるみっぷりにビックリするやらショックやら。そこで、ここ数日は腹式呼吸法をフ~ハ~、肋骨へこまし法でグッグッと自分の筋肉や内臓に喝を入れてみたところ、肋骨まわり、お腹まわりがスッキリしたんです。

「効果あるのね~!」とうれしくなったので、今日ご紹介させていただきました。

ほんの数日で効果が実感できますよ。試してみてくださいね!




今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.