心地よく眠るために - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


心地よく眠るために

人は誰でも、悩み事や心配事があると、それを気に病んで眠れなくなることがありますよね。

では、どうして眠れなくなってしまうのでしょうか?それは、脳と体が“悩み”というストレスに対抗しようとして交感神経が優位に働き、興奮した状態が続いてしまうから。

人は、神経が高ぶっている状態では眠ることができないのです。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

眠るまえのリラックスタイムが快眠の秘訣

悩みごとが頭をよぎって眠れなくなると、こんどは「眠らなくては」という焦りがストレスになり、ますます眠れなくなるという負のサイクルに陥ってしまうことがあります。

心地よい睡眠を得るためにはベッドに入るまえから、心身をリラックスさせることが有効です。

ゆったりとした音楽を聴く、ストレッチをする、お気に入りの本を無読む、アロマテラピーなど、じぶんの心が落ち着くことなら何でもOKです。

このリラックスタイムがあると、とても眠りやすくなるんですよ。

自律訓練法もおすすめです。緊張がほぐれて神経の興奮がおさまります。さらに、自律神経のはたらきが改善されてストレスに強くもなるという効果もあるんです⇒眠れないときの対処法。無意識にアプローチする自律訓練法


■運動や入浴と快眠の深い関係
日常の定期的な運動習慣も効果的です。心地よい疲労感から寝つきがよくなり、熟睡をもたらしてくれます。

人の体は、体温が下がると、眠気を感じるようにできています。体温を上手に下げることもスムーズに眠るためのコツ。このために役立つのは入浴です。

お風呂に入ると一時的に体温があがりますが、血管が拡張するので体の熱を外に放射しやすくなります。入浴後1時間~1時間半で体温がグッと下がりりますので、そのころにベッドに入るのがオススメです。

入浴後、すぐに眠りたいときは、体温が早めに下がるようにぬるめのお湯に短めに入ることも、快眠のコツです。


今夜もぐっすり眠ってくださいね。



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.