アラフィフ世代が疲れやすくなってしまうワケ - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


アラフィフ世代が疲れやすくなってしまうワケ

最近、「疲れやすくなった」「なかなか疲れがとれない」ということはありませんか?

「若い頃は、ショッピングをして歩くことが楽しかったけど、いまは重い荷物を持って歩くと疲れてダメ」など、アラフィフ世代になると“疲れ”を感じるようになったという人は少なくありません。

なぜ、年齢を重ねるにつれて疲れやすくなってしまうのでしょうか?


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

疲れやすくなる理由

■エネルギーを作る力の低下
若い頃は出なかったのに、いまは口から出るようになった「よっこいしょ」。若い頃はエネルギーがあったのに、年齢を重ねるにつれてエネルギー切れを起こしてしまう。

人は、生きるため、からだを動かすためにはエネルギーが必要です。わたしたちは体のなかでエネルギーを作り出し、それを使うことで命を維持しています。

このサイクルを「エネルギー代謝」と呼びますが、細胞内でエネルギーのもとが作られる過程には、コエンザイムQ10という体内成分が関わっています。コエンザイムQ10は、20代をピークにだんだんと減少していきます。そのためエネルギーを作る量も減少するのです。

エネルギーの量が減ってしまうので、これまでのように活動するとエネルギーが足りなくなり、疲れやすくなってしまうのです。

■筋肉の衰え
年齢とともに、筋肉の量も減少しやすくなります。筋量が減ると筋力が低下すると、筋肉を動かすときにできる乳酸などの疲労物質への対応する力も低下します。

疲労物質が筋肉のなかに溜まると、筋肉が収縮しづらくなり、疲れやすくなります。重いものを持つと疲れるのはこのためです。

■心肺能力・消化機能の低下
肺や消化器官、心臓などの臓器も、加齢によって衰えやすくなります。これらの機能が弱まると、空気から酸素を取りこむ力や、食べものの中から栄養を取りだす力、全身へ送り出す力が低下するので疲れやすくなります。


疲れたら早めにケアを

「疲れやすくなったのは仕方がない」と、「疲れ」を放置してしまうのはよくありません。疲れが溜まりすぎると免疫系や神経系などの機能が低下してしまいます。病気へのリスクも高まってしまうので、疲れはその都度ケアしていきましょう。

【疲れをケアする方法】
●休息をとる
●しっかり睡眠をとる
●お風呂の入る
●筋肉の疲れをとるストレッチ
●マッサージ・指圧

など。

疲れは、溜まりすぎると疲れを取るのに時間がかかってしまいます。早めのケアが大切ですよ!
今日の疲れは今日のうちに取り除いて、明日も元気にお過ごしくださいね。

次回は“疲れにくいからだ作りについて”をお伝えしたいと思います♪



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.