もしも、腸内環境が悪玉菌だらけになってしまったら・・・ - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


もしも、腸内環境が悪玉菌だらけになってしまったら・・・

美しい腸内環境を作るには、善玉菌を増やすことが必要不可欠です。

腸内環境が整うと栄養素がしっかりと吸収されて、体じゅうに行きわたります。そのため体はイキイキとして、お通じもカイテキになります。さらにお肌も美しくなります。

では、もしも腸内が悪玉菌だらけになったら、一体どうなってしまうのでしょうか?


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

悪玉菌って、どうして増えるの?

毎日のように悪玉菌が好む食べものを食べていませんか?悪玉菌は脂肪分の多い肉や、ファストフードやコンビニなどの加工食品が大好きです。

過労やストレス、抗生物質なども悪玉菌にとっては好都合。あっという間に増殖し、腸内が悪玉菌だらけになることも珍しくありません。

悪玉菌の正体は、ウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌などです。人はお腹に1.5キロもの菌を持っているといいますが、そのほとんどが悪玉菌になってしまったら、ちょっと気持ち悪いですね。

もしも、腸内の菌が悪玉菌だらけになってしまったら、どうなるのでしょうか?

悪玉菌が引き起こすトラブル
腸内が悪玉菌だらけになると以下のような問題が起こります。
●腸内がドロドロに汚れる。
●消化吸収機能が悪くなり、栄養素の吸収でほかの臓器の機能が落ちる。
●お通じが悪くなり、便秘や下痢になる。
●お肌の状態が悪化、にきびやくすみ、シミができやすくなる。
●硫化水素やアミンなどの毒性の強い物質が発生する。
●便臭が強くなる。
●体臭や口臭がするようになる。
●がんなどの生活習慣病のリスクが増大する。

このような状態になると、からだの免疫力も落ち、病気にかかりやすくなってしまいます。そもそも現代人は、戦前に比べると便の量が少なくなっているそうです。

戦前の一日の便量は400gあったそうですが、現代は150gにまで減っており、女性になると一日に80gしか出ない人もいるといいます。なんとも恐ろしい状態です。

しっかりと腸内環境を整えることって、本当に大切です。

腸内環境を美しく整えて、活き活きとした若々しい体と、美しいお肌を手にいれるように菌活活動を進めていきたいものです。⇒腸内環境を整えるポイントとは?マイ乳酸菌を増やして、活性酸素を除去するコツ



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.