善玉菌は、腸のなかで何をしているの? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


善玉菌は、腸のなかで何をしているの?

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすことが大切ですよね。

善玉菌が増えれば、腸内環境が良くなるといいますが、「で、善玉菌って腸で何してるの?」という疑問もあります。

今日は善玉菌の腸内での活躍を見てみたいと思います。


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

人は腸内に1.5キロもの菌を抱えている!?

人の腸には500種類以上、その数100兆個もの菌が存在しているといいます。重さでいうと、菌だけで1.5キロもあるというから驚きです。

みなさん、すごい量の菌を抱えているんですね~!!半分が悪玉菌だったらちょっと怖いですね(汗)

腸にとっては善玉菌が多数派であることが理想です。しかし、善玉菌は、じっさいは腸でどのような働きをしているのでしょうか?

具体的に見てみたいと思います。


【腸内の善玉菌に働き】
免疫力や自然治癒力を高める
腸は体外から取り込んだ消化物を吸収する役目があります。乳酸菌は腸内を酸性にして、悪い菌が繁殖しにくい環境をつくります。 腸が働きやすくなるので自然と免疫力や自然治癒力が高まるのです。

体内酵素を作りだす
善玉菌のなかには体内で働く酵素を作りだすものもあります。酵素が増えると小腸でしっかり消化が進みます。すると消化不良の老廃物が減るので、悪玉菌も減少します。

消化・吸収を助ける
善玉菌が腸内を酸性に整えると、腸のぜん動運動を促進し、消化・吸収を促進します。

コレステロールを抑制する
善玉菌のなかにはコレステロールを分解する働きをもつものや、体内に吸収されにくい形にするものがいます。

悪玉菌の発生を抑える
善玉菌は、腸内の糖分を分解して乳酸などの有機酸を生成します。悪玉菌は酸を嫌うため増加することはありません。善玉菌の割合が大きくなります。

病原菌や毒素を排出する
善玉菌が増えると腸の働きが良くなるのでお通じがよくなります。老廃物や有害物質、病原菌も便といっしょに排出されます。

肌トラブルを改善する
お通じが悪くなると老廃物や有害物質が再び大腸から体内へと吸収されてしまいます。これがお肌を内側からダメージを与えてしまう原因です。 肌トラブルの予防のためにも善玉菌を増やすことが大切なんですね。

ビタミンを作る
善玉菌はビタミンを作る働きもあります。ビタミンB1B2B6B12、パントテン酸やナイアシン、ビタミンKなどです。どれも体の働きを助けてくれます。お肌に良いビタミンB軍が多いのも見逃せません。


善玉菌の働きを具体的にみると、腸は健康で過ごすためのカギを握っていることがよくわかります。アレルギー疾患を持つ人の多くは腸内環境が良くないとも言われているほどです。

健康やアンチエイジング、美肌づくりのためにも、善玉菌を増やす努力を続けましょう。

明日の健康を作るのは、今日の菌活です。腸に良いものをたくさん食べるようにしてくださいね!




今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.