口の渇きの原因と対策。すぐに実感できる唾液腺を刺激する方法とは? - よもぎ星人の冷え性改善ブログ


harukeitai.jpg
haruで洗うと、頭皮が軽くなったように感じます。
使うほど髪を元気にしてくれる。
そんなオールインワン・シャンプーです。
↓    ↓    ↓    ↓
haru黒髪スカルププロのレビュー記事を読んでみる


口の渇きの原因と対策。すぐに実感できる唾液腺を刺激する方法とは?

アラフィフ世代は、口の渇きが気になりはじめる年代です。更年期の症状にも、ドライマウスや口臭などがありますよね。年齢とともに唾液の分泌が減るので、口のなかが渇いてしまうのです。


y14112402.jpg


口の渇きが気になるときは、唾液腺を刺激を加えたり、セルフケアをすることで唾液の分泌を促すことができます

すぐに効果が出やすいのでちょっと試してみませんか?


↓「今日も来たよ~」の足跡ポチが励みです♪
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

■唾液が不足する原因

唾液の分泌が不足する原因は、加齢によるものもありますが、ストレスが原因になっていることもあります。緊張すると口のなかがカラカラに渇いてしまいますよね。これはストレスによるものです。

口の渇きは、人によってその程度も様々です。

少し乾きを感じる程度の人もいれば、舌や口のなか全体がヒリヒリする、物が飲み込みづらい、話しづらいなどの症状が出る人もいます。

唾液には、口のなかを浄化、殺菌する作用があるので、不足すると口のなかに細菌が繁殖しやすくなってしまいます。口臭や虫歯、歯周病などのお口のトラブルが起こりやすくなるのです。口の渇きが気になるときは、唾液腺を刺激すると分泌されやすくなりますよ。

唾液線を刺激する方法
●唾液腺を刺激する
あごの真下に、左右の親指を当てて、少し強めに押します。あごの真下には、唾液腺(舌下腺)という唾液を分泌する腺があるので、刺激すると唾液の分泌が促されるのです。親指で刺激すると、すぐにジワ~ッと唾液が出てくることがわかりますよ。

●食べもので刺激する
レモンや梅干しを食べると唾液の分泌が促進されます。甘夏やプラムなどの柑橘系も酸っぱいので良いですね。よく噛むことでも唾液が出るのでガムを利用するのもオススメです。

●パタカラで刺激する
「パタカラ」となんども繰り返して唱えると、唾液腺を刺激するので唾液が分泌されるようになります。アンチエイジング効果もある方法としてフジテレビの「ほんまでっかTV」でも取り上げられました。
パタカラの詳しいやり方はこちら口の渇きを魔法の言葉で改善。ほうれい線も防ぐアンチエイジングパワー


ドラッグストアには、お口の渇きをケアする保湿スプレーや保湿ジェルなどもありますので、セルフケアでは改善しきれないときは試してみるのもいいですね。

また、口臭が気になるときは、デンタルフロスでケアすることを習慣にすると軽減することがあります。加齢によって歯茎が下がると歯ブラシだけではなかなか汚れを取り切れないものです。定期的に病院で歯石取りをしてもらうのも効果的ですよ。

渇きがひどい場合は、自己免疫疾患のシェーングレン症候群などが隠れている場合もあるので、早めに専門医に診てもらうことをおすすめします。

お口の健康を守るためには、セルフケアをすることが大切です。口の渇きとも上手につきあって快適に過ごしたいものです^^


今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました

↓「なるほどね~」と思えたらポチッと押してね!

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村

★アンチエイジングを後押し★

sajibanner001.jpg

ico_arrow2left.gif 人工では作れない美肌の源
←フィネスの黄酸汁「豊潤サジー」のレビューを読む。

ico_arrow2left.gif 大切な人に教えたくなる良品
←haru黒髪スカルププロのレビューを読む。
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © よもぎ星人の冷え性改善ブログ All Rights Reserved.